浄水器で水のろ過

水のろ過をする浄水器

自由研究に役立つ水のろ過実験

「ろ過」は、液体をフィルターなどに通してゴミを取り除き、きれいな状態にすることを言います。自由研究などにも役立つ、家庭でできるろ過の実験方法をご紹介したいと思います。まず、ペットボトルの底を切り落として飲み口を下にします。一番下から、ガーゼなどの布、小石、砂利、砂、木炭、砂、砂利、小石、ガーゼなどの布の順番で、層を作ります。これでフィルター装置の完成です。汚れた水を注ぐと、各層でゴミや汚れが取り除かれ、きれいになった水が出てきます。汚れ具合を変えながら、データを取ってみるのも勉強になると思います。

水を綺麗にろ過してくれる浄水器

日本の蛇口からでる水は世界に比べて安全性が高く、日本が誇れることのひとつといっていいでしょう。安全といっても塩素がふくまれており、これは消毒のためなのですが、塩素は身体にとって有害だといわれています。沸騰すれば塩素は取りのぞけるのですが、実は塩素を取り除くには、かなりの時間沸騰させることが必要になってきます。塩素によって発生するトリハロメタンが多い状態になるのが、沸騰してすぐ直後のときなので、気をつける必要があります。ろ過機能のついた浄水器は、塩素やさび、ごみなどを取り除いてくれるのでおすすめです。

水のろ過に関する情報

↑PAGE TOP