水のろ過装置について

水をろ過するメリットとは

水をろ過する装置の仕組み

汚れた水を、フィルター装置に通し、ゴミなどを取り払ってきれいにすることを「ろ過」と言います。浄水場では、高性能のフィルターや微生物、消毒剤の併用で浄化させていますが、ここでは家庭で作れる「ろ過」装置の仕組みをご紹介したいと思います。まず、ペットボトルの底を切り取り、飲み口を下にして、一番下はハンカチ、その上に小石、砂利、木炭、砂、砂利、ハンカチとフィルターの層を作っていきます。上から下に向かって通ることで、大きなごみが取れ、どんどんときれいになっていきます。木炭は細かい無数の穴が開いており、ゴミを吸着してくれますので、必須な材料です。

水を飲む前にろ過してみる

水が美味しいと日々の生活が楽しくなります。飲むだけでなく、料理も酒も美味しいでしょうし、何と言っても健康な気がします。日本酒に適した土地、海外でも輸入されて販売されているものなどは、長年にわたって自然がろ過したものと言います。これを人工的にしようとした製品も多いです。いずれも、基本的には、塩素、重金属、農薬などの不純物を取り除き、人体に必要なミネラルを含ませるなどの方法をとっているようです。蛇口に直接付ける形、ポットにような形などが開発されていて、ろ過する方法も色々です。人工的な水を美味しく飲む方法として考えられているものですが、自然が作り上げた美味しさが基本になっているもではないでしょうか。

水のろ過に関する情報

↑PAGE TOP